自己紹介

自分の写真
夏は登山 ラン 冬はテレマークスキー。 歳なので、身体が、そろそろ言う事を聞いてくれなくなりつつ有ります。 でも何とかだましだましやって行こうと思ってます。

2011年10月10日月曜日

ぐるりの事 越後裏三山編 -序章ー


今年こそはと思っていた越後裏三山に挑んでまいりました。


このルート自体は兎岳~荒沢岳がしばらく廃道状態だったので、
気には成っていたものの、行けると言う現実味は有りませんでした。

最近、有志の方々で道の整備が行われて、
ブログ等でも踏破記録を見かけるようになりましたね。
しかし、このロングコースを1日で回ろうなんて考え付きもしなかったんだけど、
ツイッターのフォロアーのinoさんの記録を見てオイラも行けるか?と言う事で、
今回の挑戦に成った次第であります。


そもそも、裏三山などと言う正式名称は無いと思われ、オイラもこの呼び方には
少々抵抗が有るが、どうも世間にこの呼び方が浸透しつつ有るようなで、
便宜上こう呼ぶ事にします。


越後裏三山

八海山 越後駒ケ岳 そして我が中ノ岳の3つの名山を魚沼三山(越後三山)
と呼ぶのですが、魚沼盆地から堂々とそびえる表の顔とも言える八海山を除き
三山を挟み裏側にあたる銀山平に豪快にそびえる荒沢岳を加えた3つの山々を
裏三山と呼ぶようです。



周回コースを歩く場合 右回り 左回り どちらが効率的か悩む訳ですが、
今回は水の補給箇所、難所の通過時期等を考慮した結果、
起点と成る荒沢岳の駐車場から反時計回り。

荒沢登山口~銀の道経由で明神峠~越後駒ケ岳~中ノ岳
~兎岳~灰の又山~荒沢岳~下山
と言うコースを辿りました。

オイラの体力では限界に近い全長33Kmのロングコースのスピードトレッキングです。

つづく

3 件のコメント:

雅雄 さんのコメント...

裏三山縦走お疲れ様です。

天気も良く絶品の紅葉の中、今シーズンんのフィナーレ
と言うか、最高の御褒美ランとなって良かったですね。
レポートの続きを楽しみにしてます。

私も山尽くしの三連休でした、昨日は7時半ぐらいで爆睡
しました。

とんば さんのコメント...

雅雄さん

雅雄さんも裏三山を含めお疲れさんでした。
全く見事な紅葉でしたね。
晴天だったのでよりいっそう綺麗に見えましたよ。
辛い行程でしたが最高の一日でした。

とんば さんのコメント...

すみません。この記事にコメント下さった方、スパムと認識された様で、誤って消去してしまた。連携している携帯のメールで内容は読まさせて頂きました。お名前は文字化けして分かりませんでしたが。

もう青年の時期は過ぎた中年男ですよ。
体力的に限界でしたが、素晴らしい景色に励まされ歩き通す事が出来ました。