自己紹介

自分の写真
夏は登山 ラン 冬はテレマークスキー。 歳なので、身体が、そろそろ言う事を聞いてくれなくなりつつ有ります。 でも何とかだましだましやって行こうと思ってます。

2011年6月20日月曜日

線をつなぐ 序章

ようやく梅雨に入った新潟県なのだが、日曜日のお天気はまずまずらしい。
さて、どこに行こう?と山地図を引っ張り出して眺めていたら ここは歩いた の、しるしの赤線が引いていないルートに気が付いた。
仙ノ倉山と万太郎山の間をまだ歩いた事が無かった。何でだろう?
ここ間を日帰りで歩くとなると、また自動車の回収の関係からしても、土樽を起点に平標新道を登り 吾策新道を降りるしかない。ロングルートだ。

どういう訳か中年の域に入ってから、若い頃よりは衰えは感じるものの、山の中でも意外と速く、長く行動できる事に気づき、昨年辺りからロングルートを少しこなせるように成って来た。
今流行りの、トレールランニングまではいかないまでも、スピードトレッキングと言ったところか。

この山域は土樽を起点に何本かの周回コースが取れる。今回も、線をつなぐ目的を果たしたら、万太郎山に着いた時点で判断し、その先の茂倉岳まで脚を伸ばし茂倉新道を下る事も計画に入れてみた。もし、茂倉に着いてもまだ余力と時間が有るようなら蓬峠まで距離を延ばしてもいいな~。

装備は2倍に薄めたスポーツドリンクを3リットルと食糧(高カロリーのゼリー飲料とカロリーメイト)それと、必要は無いんだが、先日購入したiPodに取り付けたGPSの性能を確かめたかったのでこれも持った。あと、ウインドブレーカーね。
服装は、トレラン用の安いシューズに2XUのコンプレッションタイツ 短パン 日焼け防止の為にユニクロのロングTシャツ。あと、禿げ隠しに帽子ね。

何時ものように すき屋 で牛丼をかき込んで湯沢に向かい、運動公園のトイレで朝のお勤め。
車を、土樽駅手前のカーブの橋を渡った所に駐車して、出発。
ここに来るまえに、登山者とすれ違った、どうやら同じルートを行くらしい。追いかけるように、ジョグで今来た道を引き返して、毛渡沢にかかる橋を渡り脇の林道に入り沢を遡る。
先行者に追い付き声をかけたら、やはり同じコースを行くらしい。お互いに「気を付けて」と声を掛け合い先を急ぐ。

0 件のコメント: