自己紹介

自分の写真
夏は登山 ラン 冬はテレマークスキー。 歳なので、身体が、そろそろ言う事を聞いてくれなくなりつつ有ります。 でも何とかだましだましやって行こうと思ってます。

2011年5月17日火曜日

金髪娘と戯れる

雪が多かった年とはいえ、ちゃんと季節は周り、
雪は解けて川っと成って山を下り谷を走り海へ流れて行っちゃいます。

そしてオイラ達は、滑る場所を追われて、お決まりの場所に集まりますね。

そんな訳で、この季節お決まりの場所 燧ケ岳に行ってきました。
オイラの家からだとR252の六十里越えを通って
只見町~南会津~桧枝岐ってコースのドライブで、約3時間ほど掛かります。

車検から帰ってきて、オイル交換をしてもらい、
穴のあいたマフラーも治してもらってトンバ号は絶好調で走っていても楽しい。
通いなれた道を鼻歌交じりで登山口の御池の駐車場に到着。
ここの駐車場は駐車料金1,000円も取られちゃうので、ゲート手前のスペースに路駐。

先週の巻機山で、ポールを折っちゃってどうしたものかと思ってて、
ダメ元で、パーマークに電話して、
「ね~ロストアローにBDのトラバースポールのシャフトだけって無いのかな~?」
と、佐藤君に聞いてみたところ「多分有りますよ。確認して有ったら注文しときます」
とのこと、「お願いします。来たら家に送ってくね」
「は~い、了解~」
ってな訳で、届いたには届いたんだけどシャフトの径が違うぞ~?
速効電話して、「着いたには着いたけど径がちがうよ~」
電話に出たマコチャン(社長)「マジか?すぐ連絡して確認するんや。ちっと待ってろ」
折り返しの電話で「お前のモデルは2世代くらい前のモデルだからもう在庫は無いそうだ」
「え~、どうしようかな」
「竹の棒でも、木の枝でも何でも使ってすべってろ!」って、そんな訳にいかんでしょう。
「じゃー店に在庫のトラバースポールが有ったら送ってよ~。取りに行っている暇は無いから」
「おー、在庫有るからすぐに発送してやらー」

そんな訳で、今日は新しいポールの使い初めです。

さてシールを張ってと・・・、しまった!先週滑ったきり乾かしもせずザックに入れっぱなしだった。
まだビショビショに濡れて粘着力が落ちてます。そのうえ、滑走面にはNOTwaxを塗って来たもんだから尚更張り付きが弱い感じ・・・まあ何とかなるでしょう。



準備万端で出発です。
スキーを担いでゲートを横から回り込んで駐車場を横切り登り口に向かいます。
駐車場の車は、まだまばら。先着の皆さんも準備を始めてますね。
駐車場の奥から雪の上に上がります。
除雪車で飛ばした雪なので土交じりの汚いゆきです。

足跡の感じからすると、もう既に何人もスタートしたようです。
オイラも追いかけます。

登りやすそうな所をそれぞれの方が辿って行くので、別にコースは有りません。
あちこちから先発隊の話し声や気配がしますね~。
オイラは、夏道のマークを忠実に辿って登って行きます。

やはりシールの粘着力が弱いので片側が剥がれて来ちゃいました。
仕方ないので、スキーバンドを巻いて補強してそのまま進みます。
バンドを巻いたらそれ以上剥がれることは無く問題なしです。


熊沢田代です。時間からするとまあまあ早いペースで登って来ましたが、
まだ何人か先に居る様ですね。
しかし今日は良いお天気です。どうやら快適な滑走ができそうですが、
山頂付近は黄砂の影響かだいぶ汚れて見えますな~。
まあこの時期には有りがちな事だから気にしない気にしない。



オイラの前にはソロの若い男性の登山者の方が先に歩いています。
結構早いです。ヘッドホンで音楽を聴きながら登っているようですね。
登山者の価値観も変わりつつあるようです。
オイラは、風の音を聴いたり、鳥のさえずりを聴いたり、
出来るだけ自然を感じたいのですが・・・。

約2時間10分ほどで標高2346mの俎嵓山頂到着です。
今日は、二番手で登頂ですね。
すぐ後ろにはず~と付かず離れずで登って来られた山スキーの方。
2356m柴安嵓の向こう側に尾瀬ヶ原が見えます。
柴安嵓が燧ケ岳の山頂です。

ここより北にはこれ以上高い山は有りません。

写真を撮ったり景色を眺めたりして、しばらく休んで、
シールを剥いでたたんで滑走準備に入ります。


今回も、ナデッ窪を滑り下りて登り返して来る予定です。

山頂直下の急斜面を滑りトラバースして藪をかき分けてナデッ窪に入ります。
緩斜面をしばらく滑り、急斜面のドロップイン!。
何本かシュプールが有りますね。
雪の状態は、やはりこの時期だから、浅い雨溝が有り少し滑り辛い感じ。
それでも、急斜面を一気に400mほど高度を落とします。

あんまり下りすぎても登り返しが辛くなるだけなので、
ほどほどの所で切り上げて10分ほど休憩して、板をザックに付けて登り返します。
尾瀬沼の小屋の従業員らしき若者2人が長靴で登って行きます。
大きなそりを引っ張ってい居るので、帰りはソリ滑降するようです。

前回来た時は、シールを貼りスキーで登ったのですが、
今日の雪質だと歩いた方が早い感じなので、
少し重いけどスキーを背負って登ります。



えっちらおっちら1時間20分で再び俎嵓に着きました。
さすがに時間的に後発の方々が次々に到着して山頂付近は大賑いです。
ほとんど山スキーの方ですね。ちらほらスノーボーダーの方も・・・。
スプリットボードの方も増えましたね~。

さて、二度目の山頂なので長居は無用なのでさっさと滑り下りちゃいましょうかね。
まだ続々と登って来ます。
そんな方々の視線を気にしつつ、カッコ悪い所を見せない様に緊張した滑りです。

おや?


金髪の美人が登って来ますね。
人懐っこい若い女の子です。
オイラが近付くとすっ飛んで顔をべろべろ舐めまわされました。
しばらく、戯れてバイバイです。かわいいの~。


今年は、雪が多いのでいつもの年より灌木が滑りの邪魔にならない感じです。
結構なスピードで木々の間をすり抜け、急な狭い所はチェックホップで下ります。
いつもの雪が少ない年は降りて来るのがやっとって感じだけど、
今回は、充分滑りを楽しめました。

何故かセルフタイマーで撮ったのにピンボケ。
かえって哀愁が漂う後ろ姿が撮れたw

さてさて、そろそろ滑る所が無くなってきたな~。
山頂で会った山スキーのおじさんとも話したんだけど、
これからは滑る所が限定されちゃって、おんなじ所ばかり滑る感じで飽きたな。
これからだと鳥海山通いに成っちゃうのかな。

まだまだ滑るぞ~。

2 件のコメント:

ばば さんのコメント...

金髪娘となにしたがんかと
思ってしまった.......

流石は東北最高峰だの!
まだ、雪がいっぺごとある。
2時間で登るのは
相変わらず、速え~のし!
いい天気で、尾瀬ヶ原も見えて
いいの~。
オラも、スカっと晴れて
景色のいい時に登ってみて~な~。

しかし、あのワンコは
歩いて登ってきたがん??
下りはスノボワンコだったり????

とんば さんのコメント...

ばばさん

今年は雪が多いですよ。
まだまだ滑れる感じだども、滑ってもあんまり面白くは無いお山です。でも景色は最高なのでついつい出かけてしまいます。
オプションで ナデッ窪滑走 を入れたら面白いお山に成りました。ナデッ窪はあと1週間程で立ち入り禁止に成るそうです。名前の通りに雪崩が出る時期なのだそうです。

お天気が良くて、景色も最高で良い山滑りができました。
ちょっと遠いけど、お天気の良い残雪期に是非登ってみて下さいな。


お山にワンコを連れて来る時は、リードを付けて飼い主が連れて歩くのが本来のマナーだと思います。ワンコが好きな人ばかりとは限りませんからね。
でも、可愛いから許しちゃいます。
帰りは走って降りるんじゃないかな~。
スノーボで滑ったら笑えますね~。