自己紹介

自分の写真
夏は登山 ラン 冬はテレマークスキー。 歳なので、身体が、そろそろ言う事を聞いてくれなくなりつつ有ります。 でも何とかだましだましやって行こうと思ってます。

2013年8月25日日曜日

第56回藤原湖マラソンを走ってきました

今日は地区の町民運動会の日だったのだが、こちらを申し込んでおいたので「今年は、チーム代表をお願いします」とのお願いを断って 藤原湖マラソン に参加して来た。
来週は、浦佐耐久山岳マラソンが有るので、その脚慣らし的な短い距離のレースで近場の会場のレースは?って事で探し当てた大会。しかも、破格的に参加費も安かったので、願ったり叶ったりのレースだった。
お盆休みに時間を持て余して、試走までしちゃたのでスムーズに会場まで行けたし、コースのキモ的な所も把握できたので余裕を持ってスタートラインに立てた。

目覚ましにも気付かずに爆睡してしまって、慌てて飛び起きて車に乗り込んで会場に向かう。
会場に余裕を持って着きたいので何時もかなり早目に家を出る事にしている。
食事は、短い距離のレースなのでそれほど気を遣わなくても良いだろうという事で、コンビニで目ざましの 挽きたてコーヒー と 菓子パンとモンスター を買って運転しながら食ったり飲んだり。
途中に高速のPAによって用を足して会場入り。雨の影響か駐車スペースの芝生の広場はかなり柔らかくてぬかるんでいる個所も見受けられる。レースの未舗装の道路を挟んで堅そうなスペースと柔らかい感じのスペースが有るので、係員が四駆か二駆かを確認して振り分けて駐車スペースに案内してた。
スタートまで二時間位有ったので、エントリーを済ませてから、体を温めるために軽くジョグと歩きを繰り返し時間を潰す。
アップだけでも何キロも走っちゃっている人も居るし、学校の部活の練習の一環で参加している子たちも元気に声を出しながら走っていた。

試走済みとは言え、初めてのコースのレースはわくわくする。
トイレも早目に済ましたのでトイレ渋滞に入り込まなくて済んだし、疲れない程度にアップも完了できたので、後はスタートを待つばかり・・・。
15kmと言う半端な距離なのと、結構アップダウンが有るコースなので目標タイムが読めないので、流れに付いて行くしかない。

スタート直後は未舗装路を行く。途中ドロドロの個所が有り皆さんは汚れるのが嫌そうであっちに避けこっちに避けしているが、オイラは構わず突っ込んで行く。汚れたって構う事無い。トレールのレースじゃ当たり前のことだ。

1kmほど走ってロードに出てダムの少し先まで行って帰ってくる往復のコース。往路は多少のアップダウンは有るが基本下りのコース。下りで呼吸は楽とは言え、あまり安易に飛ばすと痛い目を見そうなので程々に流れに付いて行く。
ダム手前の激下りを転がる様に降りてダム天端の道路を渡り、しばらく行って折り返す。

復路は当然の登り基調のコースに成るわけだが、ここからがオイラのレースの本領発揮。登りに成ると脚が軽くなる。スタート前にあちこちで「ダムの手前の急な坂は嫌だね~」と話すのを聞くとは無に聞いていたが、その急な坂で何人も抜いて、その後も坂道の度に何人も抜いた。
抜いても、下りや平坦な所でまた抜き返されてしまうのはいつものパターンだけど・・・。

最後の1kmはほぼ下りなので、下りが苦手なオイラの頑張りどころはここだった。自分で言うのもなんだけど結構頑張った。

結果として

タイム 1時間10分45秒 

年齢別カテゴリーで50位/300人 総合163位/1281人

いつも通り平凡なタイムと順位でした。

毎年決まったレースに何度もエントリーしているばかりだったが、たまに違うレースに出てみると新鮮で面白い。

山にも行きたいが、これからスノーシーズンまで幾つかのレースに出てみる積り。
人と競うというよりも自分と競うのだ。
今年はこんな感じで冬を迎える。来年以降はレースは出るかどうか分からない。のんびりと山を楽しみたくなるかも知れないから。







0 件のコメント: