自己紹介

自分の写真
夏は登山 ラン 冬はテレマークスキー。 歳なので、身体が、そろそろ言う事を聞いてくれなくなりつつ有ります。 でも何とかだましだましやって行こうと思ってます。

2014年6月8日日曜日

第5回南魚沼グルメマラソンを走って来た

平年よりだいぶ早く梅雨に入っちゃった。天気予報も難しいらしくころころ変わるので予定が立たない。本日の 第5回南魚沼グルメマラソン だが、参加者が多くて駐車場の確保も難儀をするらしい。ランネットでのエントリーの時に駐車券を申し込むのだが、エントリーが遅かったオイラは駐車券を確保できなかった。まあ地元の強みで、停められそうな所の目星は付くのだが、そこは大人の対応でトラブルに成るのは嫌だから、大人しくチャリで現地に向かう積りだったが、酷な事に雨の予報。走って居る時の雨は問題ないのだが、移動中に降られると惨めな事に成る。「どうしようかね?」とつぶやいたら、番長が「俺の要らないからあげますよ」と、有りがたいご提案。おまけに前日に残業中の現場まで持って来てくれた。

ありがとうね。番長♡。

さてさて、どうも最近は体調不良と言うかサボり癖が出て来たと言うか、走り込み不足で弱気に成っている。今更練習しても効果なんて無いよ~ 疲れが溜まるだけだよ~ と、勝手な理屈を作り、日課の夜ランもさぼりがち。八海山ヒルクライムや丹後~中の岳周回で走り通せる力は有るとは実感して居たが、問題はタイムだよな~。ここのコースは比較的フラットのコース設定なので、心肺機能にそれ程負荷が掛からない分、山を登る位の負荷を掛けようと思うと結構ピッチを上げられる。問題は21km脚が付いて来てくれるかだよな~。


朝起きた時残っていた雨もゴソゴソ起きだす頃には止んで、何とか持ちそうな空模様。
有り難く番長から頂いた駐車券を握りしめ指定の駐車場に。会場までシャトルバスが循環しているけど、着替え等が入ったザックを背負いぶらぶら1km程の道のりを歩いて行く。スタートまで、まだだいぶ時間は有るけど、この時間は意外と速く過ぎちゃうものと経験上分かってる。
しかし、凄い人出だな。グルメマラソンって言う位なので飲食の物販ブースの人 大会役員の人 警備の人 選手 その応援の人 凄い人数がこんな田舎に集結してる。この町のどんなイベントより人を呼び込んでいるんじゃないかな?

人混みが苦手なオイラは、そこらここらに居る友人知人を探し出し、一通り挨拶をしてアップもせずに木陰でぼんやりして居た。このころには雲をかき分けお日様が顔を見せて来た。暑くならないと良いが・・・。
受付で貰ったゼッケンと計測用のチップを付けて、手荷物を預けてゴール地点の確認や公園内のコースの距離感などを確かめに行く。前回出た時は、この距離感が分からずに最後のスパートが出来なかったので、これは大事でしょう。


さて、スタートも迫りスタート位置に移動。目標タイム順に並びます。オイラは、目標は01:40位の位置。ぞろぞろと選手が集合して来て、これまで見た事も無いような長蛇の列。首都圏の大きな大会なら当たり前の光景なのだろうけど、田舎のレースしか経験のないオイラは驚愕の人数。いったい何人いるのやら?


市長のピストルでスタート!
並びの順番的には結構前の方だったので、有りがちな歩くペースのスタートでは無くて、初っ端から結構ハイペースの走り出し。いきなりこんなペースで走り出しちゃって大丈夫かなと心配に成ったが、かえってこれが良かったみたいで、身体が速いペースに反応してくれて良いペースで足が運べる。追い抜くのも抜かれるのも気を使う様な集団も、1km過ぎた辺りからバラけて、直線の農道に長~い列が出来た。その中に交じって距離を重ねて行く。2km付近で知り合いのZIN先生を捕まえたが、声を掛けると後で抜き返された時恥ずかしいので、距離を置いて気付かれない様にそぅ~と抜き去る。この頃は、入れ替わりが結構激しくて、後ろから凄いスピードで追い上げて来て、遥か先に行っちゃう人や、既に歩きそうなペースまで落ちちゃう人や色々。そんな中で、セーラー服姿のコスプレのお姉ちゃん(う~ん似合いすぎて居てコスプレの範疇を超えてるぜ)が物凄い脚を見せてぶち抜いて行った。付いて行こうにもケタ違いで無理でした。



日差しは有るものの、走って居ると風を切る訳で、その風が心地よくて良い感じ。川の土手道は川風が有ってなおさら気持ち良し。
練習不足の割には脚も動くので、攻めてみる事に。応援に出ている知人に手を振り、9km付近から、後ろから上がって来た同年代位のランナーに引っ張ってもらう事にした。走りを見る限り、凄く安定した走り方をする人で、オイラよりちょいと速いくらいのペース。こうゆう人は間違いなく崩れないし、無理もしないと判断して離されない様に付いて行く。



距離表示とオイラのGPS内蔵の時計と微妙に距離表示が違う。他のランナーたちの時計のオートラップ確認音を聞いて居ても違ってる様だ。どちらかと言うと、オイラの時計と他のランナーの時計がほぼ同時に鳴るので、距離表示が微妙に違うのかな?。そんな事を考える余裕が有る位順調。
4:30s/km位のペースで走って来たけど、やはり後半以降はペースが落ちて来た。でも、周りのランナーの顔ぶれは変わらないし、皆さんのペースが落ちて来たという事でオイラだけでは無いみたい。

国際大学のキャンパス内を抜けここからは緩い下り坂で皆さんペースが上がる。以前ならこの辺で脚が止まるのだが、今日は付いて行ける。こうなると欲が出て、残りの距離数と現タイムを照らし合わせてゴールタイムを予測し始める。100分切りは確実。あとどれ位縮められるかだな。
でもさすがにオイラとしては出来過ぎの展開で走って来て、ラスト2km位からのスパートは出来ず、現在維持が精一杯。
公園内のコースで追い上げスパートして来た人に何人か抜かれたが、例の引っ張ってもらったランナーの方に続いてゴール!。最後まで引っ張ってもらい頑張れました。あの方が居なければもっと遅かっただろうな~。


ゴール後は人込みを避け、参加賞の茶碗を貰い、汗の始末をして早々に帰宅。・・・と思ったがコース上にはまだ沢山のランナーが走っている。車を取りに行って絶好の応援ポジションでしばらく声援を送る。皆さん頑張ってる。楽しんでる。オイラも今日は楽しかった~。



タイム 01:37:09ハーフの自己ベストかな?記憶が定かでない。



0 件のコメント: