自己紹介

自分の写真
夏は登山 ラン 冬はテレマークスキー。 歳なので、身体が、そろそろ言う事を聞いてくれなくなりつつ有ります。 でも何とかだましだましやって行こうと思ってます。

2012年9月3日月曜日

浦佐温泉耐久山岳マラソン 2012

今年も恒例の浦佐温泉耐久山岳マラソンに参加してきました。
今年は無謀にも2周の部。そう!フルマラソンにチャレンジです。初のフルマラソンが浦佐山岳とは、何ともオイラらしい無謀さ(笑)。

今年は、まあ結構走り込んでいますが、フルマラソンなんて未知の領域で、練習でも走ったのは30km位までなので果たして完走出来るのやら・・・。

普段より早く寝て、すっきり目覚めて、身体を目覚めさせるために近所をぶらぶらと散歩して、普段は結構いい加減に食ったり食わなかったりの朝食をしっかり取って、会場に向かいます。やはり、長い距離を走り切るには、エネルギーの充填は必要です。念のためにshetzを2個ポーチに入れて持って行く事にしました。


会場に着いて、まずは恒例の毘沙門様へのお参りです。無謀な挑戦なので念入りにお願いしてきました。
もう、今回はジタバタしても仕方無いので、アップもしない方向でぶらぶらと散歩気分で駐車場から毘沙門様まで往復してきました。本部は、当日受付の方で賑わっています。今年もグルメマラソンのプロデューサーの福田六花さんの姿も見えます。今年も走るんでしょうか?。

車に戻って着替えてスタート位置に向かいます。途中で知り合いとばったり、彼も2周コースに出るとの事、がんばろう。

ぶらぶらしているとあっという間にスタートの時間が来ました。ガツガツせずに後ろの方に並んで、歩くようにスタートです。しばらくは、集団の中で思うように前に出れないけど、抑えて行かないといけないので丁度いいかな。でも、ちょっとストレスは溜まる感じ。


集団がバラけても、あえて前に出ない様にのんびりと行きます。昨年までの、1周コースに出ていた時は最初から飛ばして行かないと行けなかったけど、そんな事していたらオイラの走力では後半潰れてしまうのが目に見えているのでのんびり行きます。
抑えて走っているとキツイはずのコースが何とも楽ちんに感じます。上り坂もホイホイと登れるし、汗もそんなに出ない、呼吸も殆ど上がらない。景色を眺める余裕まで有ります。

昨年は、災害の影響で変則的なコースレイアウトだったのだけれど、今年は復旧も済んで、若干の変更は有るもののほぼ例年と同じコースに戻りました。
変更箇所として、後山集落の中に入らず農道を迂回して小学校脇の登り坂に出る所と、前者の距離調整として浦佐の駅前の周回が無く成り、地蔵清水までの往復が加わりました。


後山の変更点は、凄く気分的に楽に成った感じ。短い坂なんだけどあそこは結構応える所で、だらだらと集落の中を下って行ってからの登りはキツかったので、この変更は有りがたい。
地蔵清水までの往復はコース中の唯一の対面通行で先に居るランナー 後ろに居るランナーと会える所。皆さんの頑張っている姿が見えます。これは非常に励みに成りました。

さて、だらだらと抑え気味の走って、1周のタイムは2時間11分。トロトロと脚に負担が掛らない様に走ったのでこんなもんでしょう。このペースで行けば4時間半位でゴールできそう。
一周の部の方々がゴールして行くのを横目に2周目に突入。ここでsheoz注入!。


今までのペースを守りつつ未知の世界へ。
坂道に差し掛かると結構皆さん歩いています。オイラは、辛くても絶対歩か無いと誓っての出場だったので歩きません。登りは得意なので歩く必要も無いし、かえって登り坂の方が楽に感じる異状体質なもんですから・・・。
でも、下り坂はいけません。脚が悲鳴を上げて上手く走れません。今まで登りで追い越して来た人にどんどん抜かれちゃいます。すべて帳消しです。・・・とほほ。

一つ目の峠を越えて後山集落に差し掛かった頃から、脚に違和感が・・・。いよいよ始まりました。
ここからが、苦しかったですね~。体力的に苦しいとかでは無くて、気持ちに脚が付いてこない歯痒さ。ここで2個めのsheoz注入!しかし、ヤゴ平の入り口第4給水所までのダラダラ下りが辛かった~。
そしてヤゴ平の登りで、また先行を許した方々を拾いながら登ります。しかし、登り切って下り坂に差し掛かって暫くしたら、突然の激痛で一歩も前に進めなくなりました。大腿部の筋肉が痙攣を起こして脚を踏み出す事もしゃがむ事も出来なくなりました。昨年の上国のトレランのレースでも同じ様な事が起きたので、暫く動かないで居れば復活すると分かっていたので、1分位ジーっとしてたら、案の定復活。そこから、脚を労わりながら長い坂を下ります。
脚を貯めていた人にどんどん抜かれてしまいますが、頑張っても脚が言う事を聴いてくれないので、諦めてトコトコとスローペースでゴールへと向かいます。

そして、最後の直線。長いんだな~これが。沿道のおじちゃんおばちゃんの声援に背中を押してもらいながら最後の力を振り絞ってゴ~ル!
タイムは自己計測で4時間35分で目標達成です。歩かない と言う目標も達成。痙攣で立ち止まっちゃったけど歩いてないもんね。


初のフルマラソンが浦佐耐久山岳とは、無謀な事をしましたが、行き当たりばったりのオイラらしくて良いんでは無いかな?。





2 件のコメント:

夢蘭 さんのコメント...

大変お疲れ様でした

やっぱ下りは脚にきますね

オラも来年出よかな

とんば さんのコメント...

むらの父ちゃん。

去年もそんげんこと言ってた様な気が・・・。
来年こそでましょう。なんぎ~どもおもしいレースですよ。