自己紹介

自分の写真
夏は登山 ラン 冬はテレマークスキー。 歳なので、身体が、そろそろ言う事を聞いてくれなくなりつつ有ります。 でも何とかだましだましやって行こうと思ってます。

2016年4月10日日曜日

何となく中ノ岳しかも途中まで

いつもの年ならまだスキーを背負って山で滑っている。記録的な小雪と言い訳をして、すり減ってきたモチベーションの言い訳にしている。
今年の春は、村の委員の仕事や行事で忙しい。それでも、あいた時間をダラダラと過ごすのは勿体無いので、山始めに、ホームの中ノ岳へ行ってきた。
チャリンコ漕いで40分程どで十字峡に着く。デブリも出てなくて、チャリでそのまま乗り込める。車はまだ通れない。
運動不足が祟って、思う様にピッチが刻めない。1合あたり15分が以前のノルマだった。何度も歩いた山道が、見知らぬ道に感じてしまう。かなりヤバイ。どんどん老いが忍び寄る。
2合目を過ぎると、雪が出てくる。スパッツを忘れたので容赦無く雪が靴の中に侵入して来る。冷たいが、なるように任せて放っておいたら慣れてしまった。
雲行きが怪しくなって来て、風もビュービュー吹いてきた。日向山手前の斜面を、ジグを切りながら登り、お山とご対面。日向山の施設に入り込んで休む。鍵の在り処は知っている。
まだ雪に覆われてはいるが、生姜畑付近は明らかに雪が少ない。地形がわかる。気温は徐々に上がってる。雪がやわらかくなって来る。やる気が切れて、小天井で帰ると決めて登っていく。
楽勝に山頂まで行けそうだが、もうイイやって成ると気が楽になる。頑張る登山は沢山した。今日は目的の無い日と決めてしまうのも良いのでないでしょうか。
先輩達が、まだ頑張って登っているのに、泣き言 言い訳 ばかりだな〜。
なんだか晴れない気持ちのまま、トボトボと山道を降りる。
こんなもんかい。オイラもお仕舞いかい。
いやいや、こんなモンで終われない。
まだやれる。間に合うかも知れなう
かもしれない。
歌の文句が頭に浮かぶ。
口笛を吹きながら、チャリを漕いで家路へつく。