自己紹介

自分の写真
夏は登山 ラン 冬はテレマークスキー。 歳なので、身体が、そろそろ言う事を聞いてくれなくなりつつ有ります。 でも何とかだましだましやって行こうと思ってます。

2015年7月26日日曜日

八海山 友よ静かに眠れ。

すっかり盛夏の頃となり、晴れれば 暑い暑い と文句を言っている。
今日も暑く成りそうな日曜日の朝、草刈り機を手に皆さんが集まって来る。
毎年恒例の農家組合の共同作業の排水路の草刈りの日だ。すべての田んぼの生産管理は委託した名前だけの組合員なのだが、これも御勤めの内と諦めて、ブンブンと機械を振り回して大汗をかく。皆でやればすぐ終わって仕舞う。

さてと、朝飯を食ってスポーツドリンクを3ℓ程作って水袋に詰めて、新しいシューズを履いてチャリに跨る。
陽はすでに高い。のろのろと坂道を登り汗をかく。急な所はおとなしく押して登る。

八海山屏風道登山口の駐車スペースには既に結構停まって居る。チャリを看板にロックして歩きだす。沢の水はいつもより多い気がする。飛び石伝いに渡ろうとして、滑って水泳をした事が有るので浅そうな所をジャブジャブと渡る。水切れが良いシューズなので濡れてもすぐ乾く。気にする必要は無い。
朝の作業で汗の通り道が出来て、すぐに汗が噴き出してくる。木陰なのでお日様の容赦無い語りかけは遮られるが、自分の動いた熱で汗だくになる。一気に戦意喪失でとぼとぼと歩く。
3合目のお稲荷さんに手を合せると、遠くホラ貝を吹く音が聞こえる。講中の方々が登って居ると分かる。以前は、白装束の団体さんの姿を良く見たが、信徒の高齢化か、この道ではとんと見なくなった。
4合目で白装束の方2人に追い付く。挨拶をして抜かせて頂く。

引っ切り無しに流れ出す汗に負けない様に、ザックから伸びた管でごくごくと水分を取る。暑い日は持ちすぎる位水を持って山に登る。短い行程なので食料はいらない。
何度も歩いている道の勝手知ったるペース配分で登っている積りだが、若いころの様には行かない。言い訳ばかり探して登る。体力よりも気力が先に萎えると勝手に結論を出して、これでいいのだと安心して登る。3人の白装束の方々を追い抜かせて頂く。

このところ立て続けに滑落死亡事故が起こって居るので、慎重に登っていたら、普段より30分も掛かった。先の言い訳の積み重ねだと落ち込む。

文明の利器で上がってきた方々が着く時間。
千本檜小屋付近は、老若男女カラフルな装束な方々でにぎわい始めている。
八つ峰を渡る。先日滑落事故が起きた所を慎重に行く。水無側から雲が湧きだして、岩峰が宙に浮く。幻想的な景色をカメラに取り込みご満悦である。

いつもは小さなウエストバックに入れて置くカメラだが、今日は忘れてポケットに入れたままで来てしまった。手足を曲げ伸ばしする拍子に落ちれば困るのでザックのサイドポケットに入れる。
白川岳で一息入れて、水袋の残量を確認して、再度背負う時、カメラが飛び出してワンバウンド ツウバウンド斜面を跳ねながら落ちて行く。呆然とする。
お気に入りの相棒が居なくなった。20~30m下の草付きで止まった様なので、取りに行こうかと試みる。行って行けない斜面では無い。ホールドを確かめながら数m降りて行き詰まる。
自分が落ちてしまったら困った事になるので諦める。
すっかり意気消沈で、のんびりする気も無く成り最短距離のコースで降りる。

新開道を行く。降り始めてしばらくは難路が続くが、しばらく行くと楽しい道になる。お一人地図を眺めながらきょろきょろして居る方に道を教えてシューズの紐を固く縛る。
走るのに丁度良い道が続く。
四合目のお稲荷さまに合掌して脚を止めずに先行者の方々を追い抜かせて頂く。

盛夏の八海山は久し振りだった。年に何回かは登るが、涼しい時にしか行かない。夏草や灌木が勢いが有る時は、雰囲気が違うと気付く。
降りる度に気温が上がりまた汗が噴き出す。水袋の中身は飲みきった。

今日は下りの脚が早く、思いの外早く振り出しに戻る。
待たせて置いたチャリに跨りピューと帰る。

カメラを山に奉納して来てしまった。前回はスキーで柄沢山に、また同じモデルを買い求めあちこちと連れ回して愛着が増していたが、また居なくなってしまった。寂しい。

2015年7月20日月曜日

金城山へのんびりと。

海の日ですね~。
普段旗日は休みではない会社なのですが、天気予報をみて晴れ間が無いと困る仕事を済ます為に、当初の予報の通りに日曜日に仕事をして、代休で旗日に休みに成った。
結果的に、予報が変わって今日も良い天気に成ったんだけどね~。

チャリンコ漕いで約三十分で到着


全く何も予定を決めずに休日の朝に成り、天気予報を確認したら、まあそこそこの天気に成りそうなので、のんびり登山に金城山に行って来た。

ここで待っててね。

コンビニで、食料を調達して準備を整えてチャリで出発。朝から蒸し暑い。
ちんたら走って約30分で登山口の金城集落に到着。結構な坂道で既に汗だくである。

滝入コースを登って水無コースを下山する予定のいつものコース。
滑りやすい沢沿いの道を行く。マイナーな低山で歩く人もまばらなコースで、道はあまり踏まれてはいない。お日様はあたらないので、じりじりする暑さでは無いが、湿度が高いのでじっとりと汗が流れ出し、のろのろ歩きで息も切れないのに、全身びしょ濡れ。

滑滝。水量は少ない。

滑滝の涼しげな場所で休憩を入れるが、それ程涼しい感じでは無い。
尾根に取り付き、しばし急坂を登ると緩やかな稜線に出る。
先行者のおじさんも、暑い暑いとぼやいている。
それでも、標高を稼いで行くうちに徐々にすごしやすい気温に成る。

休日なのに誰も居ないローカル低山

山頂には誰も居なかった。
岩の広間を独り占めだ。腹も減らないが、買って来た食い物飲み物をすべて腹に納め、昼寝をしようと横になると、先の追い越して来たおじさんが到着。気を遣わせては悪いので、昼寝は遠慮してぼんやりする。
湧きたつガスに日光は遮られ過ごし易い陽気で良い塩梅。
結局、1時間半程ぼんやりしたりおじさんとお話したり過ごす。こんなにのんびりするのも久しぶりだ。
奇岩ひしめく金城山山頂部

水無コース ここまで来るとお天道様に焼かれる。

下山は予定の通りに水無コース。足元は宜しくない急なコース。下り向きでは無いけど、ピストンじゃ詰まらないので、周回コースとしてこの道を降りる。急ぐ積りも無いが、物理的に急げないコースを慎重に降りる。
逆で、高度を下げる度に不快な気温に成って来るが、時折吹き上げて来る風が心地良い。
クモの巣トラップを小枝で払いのけながら尾根道を下る。

待たせて置いた5号車に跨りぴゅ~と下り、自販機で冷えたコーラを買い。ぐびぐび飲みながら帰宅。
家を出てから帰って来るまで丁度6時間。たまにはまったりと登る山も良いもんだね~。

2015年7月12日日曜日

ぶらり谷川馬蹄型二人旅

梅雨だと言うのに雨が降りません。
天気予報も日曜日は晴れ予報。現場で一緒に仕事をしていた番長に 馬蹄型行かない? と誘ったら ハイ行きましょう と成り、昨年計画していたけど悪天候で中止にしていた、「番長 馬蹄型を行く」計画を実行に移す。

膝に爆弾を抱えている番長なので、右回り 左回りどちらが良いか・・・。「もしも駄目な時はロープウエイ下山も視野に入れて反時計回りで」とのリクエスト。ハイどちらでも良いですよ。

早発ちが山歩きの基本。早朝3時に迎えに来て貰う。朝飯は すきや で牛丼、番長はカレーライスを掻き込んで、水上へ。良い天気を確信出来る朝の始まり。

コンビニで目覚ましのコーヒーとおめざのスイーツを買って、助手席で優雅に食す。
白毛門の登山口駐車場に停めて身支度を整え、ストップウォッチを押し歩きだす。さすがにこの時間だと肌寒い位なので、身体を温める為に「ガンガン行って良い?」と訊くと、「良いですよ。行って下さい。」との事なので、絡み合った木の根や岩の多い急登をガシガシ登って行く。若干セーブ気味に足を運ぶが、さすが荒い息遣いながら奴もピッタリ付いて来るので、大丈夫行けるでしょう。


何時もなら大汗をかく所だが、結構強い風が吹いているので快適に高度を上げて行く。木々の間から朝日に染まる一の倉沢の岸壁。見事だ!。
小一時間ほどで松ノ木沢ノ頭に到着。なかなか良いペースだね。ここで、オイラのGPSウォッチが動いていない事に気付く。ついにぶっ壊れたか~と思ったが、メモリーがイッパイで作動しなかっただけの様なので、歩きながら古い履歴を削除したら動き出した。まあ今日は、タイムを気にする事も無いので、時計の役割に徹して貰おう。

この山域を初めて歩く番長は素晴らしい景色に上機嫌。確かに天気は良いし、風が有り暑くは無いので、絶好の山歩き日和である。初めての山域での登山がハードな馬蹄型縦走とは番長らしいw。


ふと見ると茂倉の上に笠雲が。稜線に当たった空気が雲に成り山を越えると消えて行く。理屈では分かっちゃいるが、これはなかなかの見もの。強すぎる風は体温を奪う。この時期でも長時間当って居ると体力を奪って行くが、次第に心地良い具合の風に変わり、発汗を抑えてくれるので有り難い。


白毛門 笠ヶ岳とピークを踏み、走れそうな所は走っちゃったりしながら、朝日岳へ到着。ここまで、数人の先行者を追い抜いて来たが、ここで初めて対向者とスライド。清水峠泊の馬蹄型時計回りの方だね。昨日は風が無く、暑くて参った~と言っておられた。昨晩の白崩小屋の宿泊者は15名程居たそうだ。第二土曜だから山は賑わった様だね。

ジャンクションピークを過ぎ、崩れかかっているトラバース状の道を注意しながら歩く。折角稼いだ高度をどんどん払い戻しながら、このルートの最低標高の清水峠へ向かって下って行く。先程、目線の高さに有った山々が見上げる高さに成って行く。空気も生暖かく成り、風も止み暑さを感じる様に成って来る。
低灌木地帯を抜け出て、送電線の鉄塔を過ぎると緩やかな地形の清水峠。白崩小屋の前にソロの女性ハイカーが休んでいた。この時間にここに居るのは少し妙な気がしたので声を掛けてみたら、彼女も我々と同じで、ワンデイ馬蹄を歩いている方だった。結構早く発ったそうだが、4人に抜かされたと言っていた。(我々の住む地方では 追い抜かれる 事は、抜かされる とは表現しないので、ついつい気に成って仕舞う。恐らく間違った使い方が広まったのだろうな~)
そうか、前に後4人居る!俄然やる気が湧き上がって来たけど、今日はエスコート役に徹しなきゃと抑え込んで、JR小屋前で休憩を入れて、七ッ小屋への登りに掛かる。前方に2人の後ろ姿を確認。知らず知らずにペースアップして高度を上げて行く。荒い息が後ろにピッタリと付いて来る。もう少し上げてみようかと思ったけど、止めて置く事にした。大人げ無いからな~。

七ッ小屋で先行の2人に追い付く。「早いね~目標タイムは?」 「一応8時間です。」と無理な事と分かっているけど、チョイと見えを貼って答える。言うだけはタダじゃい!。よし、後二人だね。追い付くのは無理としても、後ろ姿位は視界に入れたい。先の方が同じ質問を問うたところ9時間目標と答えたらしいので、なかなかの脚の持ち主らしいからね。

ここから蓬峠までは緩やかな地形でついつい走りたくなる。無理して爆弾が爆発したら悪いから、具合を確認したうえで走り出す。風が心地よくてついつい声が出る。トレールの両脇には季節の花が咲きフラワーロードに成っている。花には興味は無いが良いもんだね。


ただいま改築中の蓬ヒュッテに到着。

ここでもソロの馬蹄アタッカーの女性とスライド。以前馬蹄型を歩いた時スライドした方だと思うけど、間違っていたら恥ずかしいのでご挨拶だけ。今日出会った馬蹄型アタッカーの女性はすべてソロの方。一昔前なら、男女を問わず山での独り歩きなど以ての外的な風潮だったけどリスクを含め色んな情報が簡単に手に入るし、山岳会の煩わしい人間関係を避ける傾向も有るし、それから山岳系の雑誌でも独り歩きを煽る様な記事も目に付くから時代は変わったな~。まあどうゆうスタイルで在れ、山に目を向けてくれるのは良い事かな?。

閑話休題
先日来た時は、旧小屋の解体中だった。大工さんや屋根やさんが作業中だが、知って居る工務店の大工さんだったので、気安く中を覗かせて貰った。やはり、先代の小屋の骨組みの鉄骨を利用して、外部に基礎を造り外部を囲った造り。入り口は風向きを考慮してか、先代とは180度変わり後ろ側に回り込んで入る作りに変更されていた。大工さんは泊りこんでの作業。こんな所で仕事が出来るとは羨ましい。

さてここからが、反時計回りの難所の武能 茂倉の登り返し。脚に疲労が溜まって来て辛く成る所だ。多分番長も脚に来てるはずだ。時々膝の具合を確かめるが、大丈夫そうなので気配を伺いながら武能の登りに掛かる。さすがにオイラも脚に来てるけど、こんなの何時もの事なので気にしない。まだまだ動く。
武能のピークから来た道を目で辿る。「さっきまで居た所から、良くここまで歩いて来たな~」と感動している。分かるぞその気持ち。オイラも初めて来た時はそう思ったもんね。
少しの休憩の後歩きを再開。一旦笹平まで下った道は、再び登りに変わる。ここさえ登り切って仕舞えばこの後 激登り は無いのだが、流石の番長も「先に行ってくれ~」と泣きが入る。
置いて行く訳にも行かないので、ペースを落とし歩幅を狭くピッチを刻んで登って行く。お陰で、疲労が溜まりつつあった脚が復活。すっかり風が無くなり蒸し暑い中を汗を滴らせて茂倉のピークに到着。ここまで来たら締めたものと、励ましつつ谷川岳を目指す。
遠目にも オキ トマ の両ピークに人が群れているのが見える。別の意味の難関が待っていたのだった。渋滞と挨拶攻撃が待っている。

さて、難所に赴く前に一の倉沢の覗き込みの絶景と谷川岳から伸びる県境の主稜線の素晴らしい景色を目に焼き付ける。見慣れた景色だが、相棒は初めて見るはずの景色。感動して貰ってからうんざりして貰いましょう。でも「もう登りは無いと言ったじゃん」と、一の倉から谷川の登りを見ながらブツブツ文句を言っている(笑)。

案の定、山頂付近はカラフルなブランドもんの衣装をまとったハイカーが大勢いる。滑り易い岩質なので行ったり来たりでもたもたしてる人やなかなか道を譲っては呉れない人が居たりで、渋滞が起きている。まあ何時もの事で仕方がないが、時計を睨んでいる時はじれったく成ってしまう。今日は急ぐ脚では無いので、大人の心でちゃんと流れの通りに行く。それでも、両ピークには人が群れているので、「パスしても良い」と尋ねると「イヤ行きましょうよ~」との事なので、標柱の記念写真の順番を待って記念写真を撮ってあげる。オイラはトマ耳に有る三角点の痕跡の盤石を写真に収め、この石板のいわれを説明しようと振り返ると、既にスタスタと先に行っているじゃありませんか・・・。


さてと後は下るだけ。まだ残雪が残っていた西黒尾根の降り口。間違えて天神尾根に行かない様に注意して下り始める。まだ登って来る人も居るので、避ける様なライン取りでスタスタと降りる。番長は流石に疲れたらしく、なかなか下りては来ないので、先行して待っての繰り返し。確かになれない人には岩場の下りは手こずるのだろうね。
ここで、背負っていた水袋を中身が空っぽに成ってしまった。気温が上がり、風も弱まり水の消費が多く成ったからね。計画的に水を飲めば良いだけの話だろうけど、なかなか残量の感覚が分からないので飲みたいだけ飲んだ結果だ。水は持てるだけ持った方が良いという基本どうりに、蓬峠の補給ポイントで補給して置くべきだった。ただ、今日は。OS1を持って来て有るので、それの口を切る。

普段なら駆け下りる道を、てくてくと歩いて降りる。送電線の鉄塔を過ぎればもう直ぐ旅が終わる。