自己紹介

自分の写真
夏は登山 ラン 冬はテレマークスキー。 歳なので、身体が、そろそろ言う事を聞いてくれなくなりつつ有ります。 でも何とかだましだましやって行こうと思ってます。

2012年12月31日月曜日

宜しく!


今年の野外活動のテーマは 無謀な挑戦でした。

振り返れば、確かに無謀でも有り、またその中から新たな可能性を見付ける事の出来た年でした。
徐々に体力的にキツク成りつつ有りますが、若いライバル?達に励まされたり、後を追いかけたりしながら、何とかやって来れた気がします。

まだまだ身体が動く限り、楽しく無茶な事を続けて行きたいと思っています。
思いつくまま気の向くままに歩いて行こうと思います。

新しい年 新しい道 これから出会う道。宜しく!

2012年12月13日木曜日

壁に登る

ご近所の友人の御誘いで久し振りに壁を登って来ました。
昔ちょっとかじった事が有る程度でしたが、久し振りにやると面白いですね。


最初は、ぜんぜん要領がつかめず、課題をどうゆう風に辿って行けば良いのか分からなかったけど、友人に教わったり、常連さんの様子をうかがいながら課題に挑戦。


皆さんがひょいひょいと登るグレードもぜんぜん登れない。
力任せに行っても駄目だね。
良くホールドを観て、ムーブのイメージを作ってからじゃ無いと駄目なのね。
もう行き当たりばったりで行くもんだから、行き詰まって腕力だけ消耗して、腕がパンパン。


結局登れたのは6級の課題止まり。
う~ん。頭の弱さが証明されたわい。
また暇を見つけて課題に挑戦したいな。

直ぐ隣は、ランニングトラックなので、走ったついでに壁に登れば良いもんね。
お隣の市の総合体育館なんだけど、良い施設が有って羨ましいな~。

2012年12月8日土曜日

奥丸で初滑り

初滑りに行ってきました。
長い長いトンネルをぶっ飛ばして奥只見丸山スキー場に。
里には薄らとしか積もっていない雪も、ここに来れば滑るのには事欠かない程度の量は有ります。ここは期待を裏切らないね。



 営業開始直後に到着したけど、それ程お客さんは居ないみたいだね。チケットも並ばないで買えたしね。

今日のチケットは青木です!。・・・?と思う人もいると思うけど、分かる人には分かるよね。



ボトムの雪質は湿っぽい雪が積もっています。
リフト待ち無しに上に上がります。この段階で数人のテレマーカーに遭遇。
むむ!リフトの係員に元の職場の同僚のK君が居ますな~。彼は、正規の職場のスキー場が始まるまで、こっちのスキー場で働いているのです。



今日の道具は、伝家の宝刀 エボリューション マウンテンクエスト(これ分かる人少ないだろうね) 3ピンビンディングそれに今シーズン新調した靴 ガルモントのエクスカーションです。


さすがにまだ積雪量は多くは無いが、問題無く滑れる量です。

さて、革靴以上ブラ靴未満って感じの靴の具合が楽しみです。
滑りだすと、自分の弱点が露わに成りますね~。慣れ親しんだ革靴での滑走フィールとも違うし、剛性にモノを言わせたプラ靴とも違う。中途半端な剛性に期待していい加減な滑りをすると、曲がってくれないし、内足のエッヂが外れてすっ転んだり暴走したり、ちょいと気を引き締めて、タイトスタンスで、谷足の踵加重と山脚のエッヂの食い込みを意識して滑んなきゃ上手くいかない。
数回リフトを回しているうちに、基本を思い出したら、こんな細い板でもカービングも出来るし、アグレッシブに滑れるので、こりゃ楽しいわい。


2時間近くこのセットで基本練習して、道具のチェンジ。
T-レース と サイコAT ビンディングはボレーのハードワイヤー・・・ガンガン滑る用の組み合わせ。
このビンディングにしては、この靴はオーバースペックな組み合わせなのだが、オイラはこのシンプルなビンディングが好きなのです。
こんな堅い靴を履いていて何だが、最近のテレマークはブーツの剛性に見合う様にハードなビンディングを取り付けた太い板で、いかにも軽快とは言えない進化だか変化だか分からない方向に進んでいる。まあそれによってお手軽にアグレッシブな滑りが出来て、今まで敬遠して居た人種も取っ付き易く成ってテレ人口も増えて来たのだろうから、まあそれはそれで良いのかもね。
プアな道具からハイスペックな道具まで、ひっくるめてテレマークなのです。懐が広いのです。どうせなら、その懐の隅から隅まで体験して楽しまなきゃね。

マテリアルチェンジして上に上がると、ばったりとツイッター仲間のTAKEさんと遭遇。
そして一緒に滑る事に・・・。しかしこの道具たてだと凄くテレマークって簡単!って思えてしまう。道具に頼り切った滑りで楽チン楽チン。まあ楽しければ簡単な方が良いに決まっているので、これはこれで良し。
TAKEさんの案内でグレーなゾーンでグレーな滑りを満喫しました。
何時もは独りぼっちで滑っているのでパウダーセッションは本当に楽しいっす。でも、やはりアルペンに付いて行くのはきついね~。脚がパンパン。
でも、初滑りから美味しい事が出来て大満足。午前券を目一杯使って滑りまくりました。
楽しかったっす。また御一緒したいですね。



朝一でパウダーを満喫して帰っちゃったのか、我々がグレーゾーンをグルグル回して居た頃は、お客さんの数はまばらに成っていた。風も強く、気温も下がってそんなに多くは無いが雪も降り続けていたので、状態はどんどん良く成って来ていた。
帰りも雪煙が舞うような状態だったので、明日以降もどんどん良い状態に成る事は確実だね。