自己紹介

自分の写真
夏は登山 ラン 冬はテレマークスキー。 歳なので、身体が、そろそろ言う事を聞いてくれなくなりつつ有ります。 でも何とかだましだましやって行こうと思ってます。

2012年3月25日日曜日

2号車タイヤ交換

まったく無頓着に、単に道具として乗り回していたトンバ号2号車ですが、
経年劣化に耐え切れずタイヤのサイドがボロボロに成りました。
なんちゃってマウンテンバイクなので、
ロードを走る時ブロックパターンのタイヤが抵抗に成って乗り心地も今一つ。
思い切ってタイヤ交換をしました。
通勤にしか使わないので、
何でもいいや~て訳でヤフオクで2本で送料込3500円のやつをget!。
中国製ですが、チャリンコ大国の中国ですから問題ないでしょう。
だいたい今時日本製を探すのが大変じゃね~?


今日は地区の役員の引き継ぎ及び前区長さんの慰労会が有ったので、
すっかり酔っ払いですが、チャリのタイヤ交換位出来ますよ~。

今でこそ シガナイ テレマーカーのオイラですが、
少年時代は生粋のチャリ少年だったのでパンク修理やタイヤ交換位お手の物です。

工具箱をひっくり返してタイヤ交換に必要なタイヤレバーを見つけ出して作業開始。



まずは前輪から取り掛かります。
空気を抜いて古いタイヤを良く揉んでチューブを抜きやすくします。
それからチューブをリムに挟まない様にビード部分にレバーを掛けてタイヤを外します。
引き続きチューブを外します。
古いチューブは予備として使えるので大切に扱います。

今回落札したタイヤにはチューブも付いてきたのでを装着します。
それから、スポークとチューブの干渉を防ぐゴムも付いてきたのでそれも変えます。



それから、新しいタイヤの片側のビードをリムにはめ込み、
チューブを入れてもう片方のビーをはめ込み、
空気を入れて完了。たやすい作業フフ~ン。


続いて後輪に取りかかります。
タイヤを外したついでにギヤの油汚れをパーツクリーナーで落としちゃいます。
ほったらかしだったので汚れがこびり付いています。
パーツクリーナーを掛けながらヘラでこそげ落とし、きれいにしました。

今回付け替えたタイヤはスリックタイヤで回転方向の指定が有ります。
前輪は指定の通りに付けましたが、後輪はグリップを考えて敢えて逆に付けました。
これは昔は常識だったんだけど今はどうなのかな~?


酔っ払いのオイラでも20分位で作業完了!。
通勤車としては泥除けも欲しいので只今物色中。

小雪の舞う中、試し乗り。
こころなしかペダルが軽くなり音も静かに成りました。
燃料高騰のおり、なるべく通勤にはこいつを使う事にしますかね。

2012年3月22日木曜日

今季初の山滑り

三月の終わりにして漸く山に行くチャンスが来ました。
冬季の勤め先を変えたので、
以前みたいに時間が有り余るほど無くなっちゃったし、
持病の事も有ったりして精神的に参っちゃってたのでね。

そんな事で、すっかりゲレンデテレマーカーと化していたのだが、
やっとここに来てお山に行く気分に成ったきたのです。


行く場所は何時ものお山。
別に急ぐ必要は無いので、のんびり起きて、
朝飯食って、買い出しして8時半に登山口に到着。
平日と言う事も有り誰もいない。またもや独り旅。

降雪が多かった今年は往生際が悪くまだ雪が降る。
昨日も降ったので新雪のラッセル。
春の雪は重いけどそれ程深くないので苦にはならない。


誰も踏み入れて無いまっさらの雪面にトレースを引いて行くのは気分が良い。



通い慣れた道(この表現はおかしいか?)をガシガシと進む。
最後の堰堤を越えて沢底に下りる。
吹き溜まった雪と飛ばされた雪面との違いが逆光に浮かび上がる。
稜線は雪煙があがっているところを見るとかなりの強風の様だけど、
ここは静かなもんで、自分のスキーが雪を踏みしめる音だけしか聞こえない。

さすがにもう春なんだな~。
汗だくに成る位気温が高い。
この様子だと、側面からのブロック攻撃を喰らいそうなので、
急いでスキーを滑らす。


沢底を離れて斜面に取り付く。
木々のまばらな好スロープに心が躍る。
それこそライン取りに困る位楽しそうなラインが引けるよな~。
雪の様子を確かめながら、あっちにフラフラこっちにフラフラ。


このオープンスペースは吹き溜まった雪が積もって滑りやすそう。
灌木帯の雪は質がコロコロ変わるので手強そう。
風で吹き飛ばされてクラスト下地が出ていたり、
モナカだったり、ウインドパックされてたり・・・。



稜線近くに成ると風が強烈に吹いていて地吹雪状態。
さっきまで顔を見せていたお天道様も隠れてしまい、
明るかった空も、黒い雲の支配下に。
どの道スキーを付けたままでは稜線には出られない地形なので、
安心して滑降の準備を出来る場所を探して一休み。
気温が高めで、雪質が変わるのが早そうなので急いで滑りだす。
滑りだしは風に打たれて締まった堅い雪・・・かと思えば柔らかい雪。
ころころ変わる雪質に手も足も出ず転倒を繰り返す。


どんな雪質でも、その状態が続いていたら幾らでも対処できるが、
数ターンごとに変わられるとね~。

均一そうな雪質のラインを見計らって滑るけど、
それでもリカバリーの連続でバタバタした滑りで満足できない。


それでも、数ターンでも決まった滑りが出来たので満足した事にしようかね~。

ドタバタと何とか沢底まで下りてきたけど、
登る時には無かったデブリがそこここに有るね~。
気温の上昇でプチ雪崩が起きたらしい。

気持ち良く登った新雪の斜面もすっかり湿っぽい雪に変わっている。
ストップ雪対策にフッ素を入れてあるので滑るには滑るが、
疲れた脚には堪えるぜー。プルプルだ~。

帰りは自分のトレースの上を辿って帰るが、その上にスノーシューの跡が。

トンバ号が待つ道路に辿り着いたら、ボードとスノーシューを持った兄ちゃんが。

「オイラはあの山に登ったんだよ」と指をさす。

「道理で変な方向にトレースが付いていましたね。付いて行ったんですが、
おかしいと思ったので引き返して目的の山にいきました」と兄ちゃん。

あっちの山も風が強くて途中までで帰ってきたそうだ。

遅い初山滑りでしかも修行系だったけど、やっぱり山は良いな~。

2012年3月9日金曜日

GT!GT!

このところ体調を崩して、精神的にも肉体的にもへたれ気味。

スキーも仕事の空き時間に、チョコッと滑る程度で、かつての情熱は何処へやら。

おまけに、休みの周期に悪天が絡んで、

休みの度に外に出るのが躊躇われる天気ばかりでドツボにはまってます。

ここは一丁何か新しい事を初めて呪われた日常を払い除けなきゃな~。



そんな訳で、たまたま見ていたヤフオクで程々の値段のかっこ良いチャリを発見。

運良く落札できました。

昨年モデルのGT GTR 4

このライムグリーンの色に惚れました。

昔のチャリ少年のオイラですが、最近は通勤にマウンテンバイクもどきの

とんば号2号に乗って短距離を走るだけ。

ロードバイクの事など全然分かりません。

はたしてこのチャリが良いのか悪いのか分かりませぬが、

お山登りやランニングの合間にロングライドをやろうと思います。

まだ雪が溶けるまではて れまくろう とは思っていますがね。