自己紹介

自分の写真
夏は登山 ラン 冬はテレマークスキー。 歳なので、身体が、そろそろ言う事を聞いてくれなくなりつつ有ります。 でも何とかだましだましやって行こうと思ってます。

2012年2月2日木曜日

まだ進化する

このところのガッツリとした降雪で、まだまだ怖くてお山には入れません。
たまの休日も家の雪ごったくに追われて、朝からスキーって訳にもいきません。
今日も、朝から雪片付けで、滑りに行くべく家を出たのは10時を回っていました。
八海山にでも行こうかな~と計画はたてていたのだけど、またもや遭難騒ぎでちょっと行く気にはならずに、結局職場の石打丸山で滑る事に。



雪は止み、薄日が差し込んできたけど風は強い。
雲の切れ間から飯士山が顔を出す。


スキーはリフト小屋に置きっぱなしに成っているので、
駐車場から長靴のままリフトを乗り継ぎグリーンリフトに向かいます。
そそくさと準備をして取りあえず山頂へ向かいますかね。
風が強くて気温も低い、時折突風が吹き地吹雪と成って視界を遮ります。
でも、雪質は最高です。


足均しに、山頂リフト廻し。
新雪に突っ込んでみたけど、風で締まった重めの雪で楽しくないな~。
大人しく整地滑りをしますかね。

こんな良い雪質だと、なんとなく上手く成った様に錯覚してしまいますな~。
気を引き締めて、切れの良い滑りを目指し黙々とショートターン。



同じコースばかりだと飽きちゃうので、
あちこちとコースを変えて滑りまくる。
以前の職場のスキー場と比べると滑りごたえの有るコースだらけ。
本当に飽きないな~。

本日の収穫。
滑り込んでいると、ふとした瞬間に切れの良いターンが出来る事が有る。
あれ?今どうやったのかな と感覚をプレイバックしてみる。
どうしても不安定に成りがちな切り替え動作中に、
常に加重し続けるには?

内足(これから前に来る足)のスキーの先端からターンに入っていくイメージ。

少しだけ理想の滑りへの光が見えてきた感じ。
谷足の踵加重と合わせるとスムーズで力強いターンが出来る気がする。
まだ、閃いた事を身体に覚えこませている段階だが、
この滑りをどんな場面でも、厳しい山の斜面でもできるようになる事が、
目標に成ってきた。

テレマークスキーって本当に面白い。
そして、まだまだ進化する自分が楽しみである。